神戸大学大学院農学研究科
応用動物学講座
動物形態機能学教室

メンバー紹介

星 信彦Nobuhiko HOSHI

所属 | 神戸大学大学院農学研究科
部署 | 資源生命科学専攻・応用動物学講座・動物分子形態学教育研究分野
職名 | 教授
学位 | 医学博士 / 獣医学博士

略歴

1988年3月,北海道大学大学院獣医学研究科形態機能学専攻博士課程修了.医学博士,獣医学博士(いずれも北海道大学)
1988年4月,北海道大学医学部助手(産科婦人科学講座)(-1999)
1992-1995年:米国ペンシルベニア大学医学部産科婦人科ならびに臨床分子病理医学講座遺伝子診断学部門客員研究員
1999年10月,北里大学獣医学部助教授(実験動物学講座)
2004年4月より現職
専門は動物分子形態学,分子細胞遺伝学,分子毒性学.性分化の破綻機構の解明ならびに環境化学物質による中枢神経系および生殖障害機序の分子機構の解明などを研究テーマとして日夜学生と実験に励んでいる.
日本解剖学会評議員,日本獣医学会評議員,日本獣医解剖学会理事,環境ホルモン学会理事,日本先天異常学会評議員,関西出生前診療研究会世話人,関西実験動物研究会評議委員等

研究内容

準備中

メッセージ

準備中

横山 俊史Toshifumi YOKOYAMA

所属 | 神戸大学大学院農学研究科
部署 | 資源生命科学専攻・応用動物学講座・動物分子形態学教育研究分野
職名 | 助教
学位 | 博士(農学)

略歴

2003年,神戸大学大学院 自然科学研究科・生命科学専攻 博士課程後期課程修了 農学博士(神戸大学)
2003年,非常勤研究員 [神戸大学バイオシグナル研究センター 講師(研究機関研究員)]
2004年,香川大学 医学部助手(神経機能形態学講座)
2007年,神戸大学 農学研究科 助教
2011年9月-2013年4月:米国ハワイ大学医学部客員研究員

研究内容

性決定・性分化の機構ならびその破綻機構について,主にマウスを実験モデルとして,組 織学的手法,分子生物学的手法を用いて解析しています.さらに,必要に応じて,遺伝子組換え実験,バイオインフォマティックな手法を併用し,脊椎動物間で保存されている機構の探索について探索しています.

メッセージ

性決定遺伝子がSRY/Sryであることは1990年に証明されましたが,その調節機構につい ては不明な点が多く,なぜ性腺中央部から発現が上昇するのかについては解明されていません.教科書等に記載されて一般的に受け入れられている知識についても,その詳細な機構については不明な点が多く,誤りが潜んでいる場合もあります.生体内で起きている現象について,in vivoの視点からの解明を心がけています.

万谷 洋平Yohei MANTANI

所属 | 神戸大学大学院農学研究科
部署 | 資源生命科学専攻・応用動物学講座 組織生理学教育研究分野
職名 | 助教
学位 | 博士(農学)

略歴

2013年,神戸大学大学院 農学研究科・資源生命科学専攻 博士課程後期課程修了 農学博士(神戸大学)
2013年,神戸大学大学院 農学研究科・資源生命科学専攻 特命助教
2018年,神戸大学大学院 農学研究科・資源生命科学専攻 助教

研究内容

腸管内の恒常性維持機構をキーワードとして,腸管内常在細菌の定着制御機構に関する研究や腸管粘膜に備わる微細な組織構造に関する基礎的な研究を行っています。

メッセージ

腸管粘膜の組織構造は複雑で難解なことが多いですが,その分やりがいを感じることも多く,学生さんと試行錯誤を繰り返しながら研究生活を楽しんでいます。

卒業生

ただいま準備中です。

中西 怜稀

大学院生

研究内容

第二の脳と呼ばれるほど発達した神経系である「腸管神経系」に関して,神経細胞の腸管粘膜内における接続先に関する研究などに取り組んでいます。

メッセージ

趣味は登山です。

北内 佐也可

大学院生

略歴

兵庫出身,高校:甲南女子高等学校 大学:岡山大学 農学部

研究内容

ネオニコチノイド系農薬が雌性生殖器に及ぼす継世代影響

メッセージ

趣味は旅行・音楽(ライブなど)です。研究生活あと半年ですが、頑張ります!

坂田 奈那美

大学院生

略歴

2019年 神戸大学大学院農学研究科 入学

研究内容

動物の消化管に定着している常在細菌に関して,その定着程度などの日内変動を明らかにすることを目的とした研究に日々取り組んでいます。

メッセージ

研究頑張ります。

中村 大河

大学院生

略歴

青森県出身 青森東高‐大阪府大 生環/自然/生物(2015〜2018)‐神戸大院(2019〜)

研究内容

Y染色体をもつにも拘わらず卵巣を有する性分化撹乱モデルマウス(YPOSマウス)における精巣化破綻経路の解明,およびYPOSマウスを用いた精巣化関連遺伝子の責任領域の探索(マウスのオスとメスへの決まり方を探る研究です)

メッセージ

座右の銘:「チャンスはピンチ ピンチは大ピンチ」

前田 瑞稀

大学院生

略歴

加古川東高等学校→神戸大学 農学部→神戸大院 農学研究科

研究内容

ネオニコチノイド系農薬の胎子・授乳期曝露による神経行動学的影響について

メッセージ

おいしいものを食べるのが好きです.修了までこつこつ一生懸命頑張ります!

加藤 栞

大学院生

略歴

2020年神戸大学大学院農学研究科入学

研究内容

発生中の雄マウスにおける副生殖腺に関する分子形態学的研究

メッセージ

愛犬に囲まれるのが幸せ.甘い物が好きで,気がつくと机の引き出しに甘い物がどん どん増えていく….よくみんなに笑い泣きさせられます.

土居 萌花

大学院生

略歴

2020年 神戸大学大学院農学研究科 入学

研究内容

リンパ組織で細網組織を形成する「細網細胞」に着目し,腸管粘膜付属リンパ組織における細網細胞の解剖学的な部位差などに関する研究を行っています。

メッセージ

趣味は海外旅行と楽器演奏です。研究楽しく頑張ります!

西 美咲

大学院生

略歴

2020年4月 神戸大学大学院農学研究科

研究内容

極微量ネオニコチノイド摂取で惹起される高次脳機能の維持破綻メカニズムの解明

メッセージ

研究室のアットホームな雰囲気の中で日々研究を頑張っています.

正田 明日香

学部生

略歴

奈良県出身、神戸大学農学部在学中です。

研究内容

神経回路形成期においてステージ別に農薬を曝露し、発達神経毒性を評価しています。

メッセージ

好きな動物はブタです。よろしくお願いします。

奥西 宣祐

学部生

略歴

1998年京都うまれ。でも東京育ちなので関西弁が喋れずとても悔しい。実はイスラエルやザンビアなどで暮らしていたことがあります。

研究内容

哺乳類における性決定のマスター遺伝子であるSryを制御する上流因子について研究しています。

メッセージ

犬派が多数を占める研究室で、猫派であることを言い出せずにいる… 最近は日本酒にはまっていて、いろんな人をよく飲みに連れ回したり。

成田 大翔

学部生

略歴

2017〜神戸大学農学部

研究内容

胎子期のマウスにおけるSry発現様式の亜系統差に関する研究

メッセージ

ダンスが好きです。チワワ2匹を飼っている犬派。実験頑張ります。

村瀬 翔大

学部生

研究内容

ネオニコチノイド系農薬が及ぼす免疫系への経世代的影響

村田 碧

学部生

研究内容

ネオニコチノイド系農薬が及ぼす免疫系への経世代的影響

森下 理奈子

学部生

研究内容

腸管神経系に関する組織学的基礎研究に取り組んでいます。

メッセージ

動物(特に大型のもの)と中低音楽器が大好きなファゴット吹きです。和やかな雰囲気の中研究に励んでいます!